美肌湯にはどんな種類があるの?

ほとんど火山活動でできたような日本には、温泉が北海道から九州までたくさんあって、世界的にも恵まれた地域です。
美人の湯として評判の高いところも、そこかしこにあり、リラックス効果はもちろん、美肌成分が溶け込んでいて、肌質アップに期待度大です。

 

美肌成分入りというポイントに絞ると、温泉のタイプは大きく、硫黄泉、硫酸塩泉、炭酸水素塩泉の、3タイプに分けられます。
有名どころも多数あり、近場で手軽に肌ケアができそうです。

美肌の湯、どんな温泉があるの?

硫黄泉は、腐ったゆで卵のような強烈な腐乱臭が特徴的ですが、血行を良くし、角質ケアにも有益で、便秘改善にも効果的で、デトックス効果が期待できます。
箱根湯本や草津が、代表的な温泉地です。
硫酸塩泉は、伊香保の湯が代表的です。
無色透明の泉質で、なめると苦味を感じます。お肌の保温や便秘改善に効果的で、お肌の鎮静作用もある美肌成分も入っています。

 

炭酸水素塩泉は、とろんとした感触のアルカリ性の湯で、お肌の代謝アップや鎮静作用など、美肌成分の宝庫です。
中善寺や有馬が代表的ですが、洗浄力が高いので、敏感肌・乾燥肌の人は、入浴後すぐに保湿剤をつける必要があるでしょう。

美肌成分を活かす入浴方法は?

美肌成分の効用を堪能するには、カラスの行水はNGで、ある程度の時間は湯につかっている必要もあれば、何度か通う必要もあります。
今どき長湯治ができる人は限られているでしょうが、せめて週末温泉が実行できれば上出来です。

 

家庭で楽しみたい人には、温泉の素が市販されています。
美肌成分も人工的に配合されてはいますが、本物と同じような美肌効果が得られるかは未知数です。
それでも、本場の雰囲気を疑似体験するには、おあつらえ向きかも知れません。